製品情報

監視・検出装置

充電器故障検出器 AB-030-2 AB-130

充電器故障検出器 AB-030-2 AB-130

用途

この充電器故障検出器は,充電器が不慮の障害を発生した場合に,蓄電池が過放電になることをいち早く検出すると共に,充電器の過電圧監視結果を合わせて故障警報を出力します。

特徴

放電電流検出・過電圧検出の機能内蔵し不慮の充電器故障を素速く検出します。 電流センサの動作を現場で確認することができます。点検回路を内蔵しており電流を正しく計測していることの確認は点検ボタンを操作し表示器で確認できます。 常時監視機能を内蔵しています。 設置は充電器盤を改造することなく,盤内の空きスペースなどが利用できます。

機能

形式

AB-030-2 AB-130

電池電流検出

入力電流範囲

DC +2~+29A

DC +7~+129A

検出動作値許容誤差

±1.0A

±4.0A以下

充電器電圧検出

入力電圧範囲

DC 100~140V

検出動作値許容誤差

±2V以内

配電線地絡判別装置 RF-120

配電線地絡判別装置 RF-120

用途

6kV用 配電線地絡判別装置は,不慮の配電線事故が発生した場合に,事故を検出すると同時に波形記録起動を行い,記録した波形データから事故回線の判別を迅速に行うことができます。

特徴

地絡現象の検出は高速でしかも非接地系において検出ができます。

記録した波形データは公衆電話回線を経由し監視所とする遠隔地に伝送します。通信回線は電話回線だけでなくLAN回線経由も伝送できます。

機能

零相線圧検出

入力電圧範囲

0~300VRMS (0~±424VO-P)

検出動作値許容誤差

±0.5%(入力範囲)

一線地絡事故検出

(三相電圧を監視)

入力電圧範囲

0~300V   (0.1V刻み設定)

継続サンプル数

0~10サンプル(1サンプル刻み設定)

プラグ計測システム MP-100

プラグ計測システム MP-100

用途

プラグ計測システムは、適正電圧監視などを目的とした現場用計測器です。

瞬時波形の記録および計測要素毎の実効値演算値などの収集、データ処理ができます。

配電用変電所などの当社試験端子(テストターミナル)に、直接計測プラグを挿入することで強電回路を止めること無く、すばやく そして かんたんに計測できます。

特徴

専用タブレットの採用で、経済性とマンマシンインタフェースPCの親和性を追求しました。

試験端子とA/D変換機能をコンパクトに一体化しました。

計測プラグ機器の各機器間時刻タイミングは完全同期を確保しました。

連続記録時間は10日間 1週間の需要変化による各種トレンドを最大24要素記録することができます。

機能

形 式

MP-100

瞬時値データ

計測要素数

全ての計測入力が対象

・電圧と電流の組合せは最大24要素の範囲で任意選択可能

演算値データ

計測機能

全ての計測入力が対象

・P,Q,I,V,F,高調波,高調波位相,△V10フリッカ,

電圧不平衡率,電流不平衡率(但し高調波計測は1要素のみ)

↑ ページ上部へ